タイ ファンド(投資信託)
タイに投資する投資信託のうち、2007年2月現在、日本国内で購入できるものは下記のとおりです。 


・オーロラファンド タイ投資ファンド(野村證券) 

・フィリップ-アイザワトラスト タイファンド (アイザワ証券)

・タイ王国ファンド(ユナイテッドワールド証券) 

情報の少ない現在においては、タイの株式を直接タイに口座を開いて買うのはリスクが高くなります。タイ投資信託(タイファンド)ならプロにおまかせできますし、タイ市場自体が成長するという前提で投資するなら、タイ投資信託(タイファンド)で投資するほうがいいように思います。

2007年11月03日

本日のタイファンド・SET株式指数 運用状況 2007/11/2

タイファンドに関連する指数です。

11/2のタイSET株式指数は894.34(-8.39)でした。

10/31時点のフィリップ-アイザワトラスト タイファンドは132.95ドルです。


*各指標は確認して記載していますが、投資されるときは各自で信用できる情報を確認してください。
posted by 管理人 at 19:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

タイの内需、縮小傾向

経済発展が見込まれるタイですが、中央銀行の発表によると3月の生産が鈍化した上、消費、投資ともに落ち込んだとのことです。一方、外需は拡大を続けており、貿易収支、経常収支ともに増加したとのことです。インフレ率も低下しているようで、このあたりは安心材料です。

以下、yahooニュースから抜粋です。
---------------------------------------------
 鉱工業生産指数(MPI、1995年=100、季節調整なし)伸び率(昨年同月比)は前月の5.2%から4.0%に低下した。消費減速で、自動車生産が減少した。
 
 生産設備稼働率は73.0%から80.1%に上昇した。点検・整備のため前月に稼働を一時停止した製紙・パルプなどの工場が稼働を再開した。
 
 民間消費指数(PCI、95年=100、季節調整済み)伸び率は0.2%からマイナス1.4%に落ち込んだ。買い控えで、乗用車、バイクともに2けた減だった。一方、酷暑で電力消費は増えた。ガソリンなど石油製品、消費財輸入、付加価値税(VAT)収も伸び悩んだ。
 
 民間投資指数(PII、95年=100)伸び率はマイナス1.3%からマイナス2.9%に低下。商用車販売、資本財輸入額が落ち込んだ。
 
 ■貿易黒字倍増
 
 貿易収支は22億100万米ドルの黒字だった。黒字額は前月からほぼ倍増した。内需縮小で輸入額が0.5%増にとどまった一方、輸出額が19.0%増を記録した。
 
 輸出はエレクトロニクス製品、自動車、鉄鋼製品が好調だった。一方、輸入は原油、機械、消費財が不振だった。
 
 サービス・移転収支は5,600万米ドルの黒字だった。ただ、配当実施の時期に入ったため、黒字額は前月の5億4,100万米ドルから大幅に減少した。経常収支は、貿易黒字急増を受け、36%増加した。
 
 外貨準備高は682億米ドルから709億米ドルに増加した。
 
 ■インフレ率低下
 
 消費者物価指数(CPI)上昇率は2.0%となり、0.3ポイント低下。食品・飲料、燃料などの価格が低下した。振れ幅の大きい生鮮食品・エネルギーを除くコア指数の上昇率も1.4%から1.3%に下がった。
 
 短期金利は、レポ金利(翌日物)が4カ月連続、銀行間取引金利(翌日物)が3カ月連続で下がった。
 

 3月の対米ドル・バーツ相場は平均1米ドル=35.06バーツとなり、前月の35.74バーツから上昇した。4月1〜24日の平均相場は34.90バーツだった。
 
 ■第1四半期も消費、投資が鈍化
 
 第1四半期(1〜3月)は前期(06年10月〜12月)に比較して、投資、生産ともに伸び率が鈍化した。一方、輸出好調で貿易収支、経常収支ともに大幅増だった。
 
 MPI伸び率(昨年同期比)は、前期の6.8%から6.1%に低下。設備稼働率は73.6%から76.4%に上昇した。
 
 PCI伸び率はマイナス0.5%、PII伸び率もマイナス2.9%と不振だった。
 
 輸出額は344億6,000万米ドル、輸入額は303億3,200万米ドル。増加率はそれぞれ18.5%、3.5%だった。貿易収支は41億2,700万米ドル、サービス・移転収支は13億2,500万米ドル、経常収支は54億5,300万米ドルの黒字だった。
 
 CPI上昇率は3.3%から2.4%、コア指数上昇率は1.7%から1.4%に低下した。
 
 短期金利は、レポ金利(翌日物)が4.89%から4.69%、銀行間取引金利(翌日物)が4.95%から4.73%に下がった。
 
 対米ドル・バーツ相場は、36.60バーツから35.59バーツに上昇した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070502-00000006-nna-int
---------------------------------------------
posted by 管理人 at 09:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

2007/3/29 本日のタイSET株式指数・運用状況

タイファンドに関連する指数です。

3/29のタイSET株式指数は671.62(+2.58)でした。

3/28時点のフィリップ-アイザワトラスト タイファンドは104.2ドルです。


*各指標は確認して記載していますが、投資されるときは各自で信用できる情報を確認してください。
posted by 管理人 at 01:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

タイ 投機規制から短期投資資金の一部を除外の方針

タイへ投資している投資家に大衝撃を与えた、12月にあったタイの資本規制の件ですが、債券やミューチュアルファンドに投資する目的の短期的な外貨資金については除外するという方針をタイ中央銀行が出したようです。

先月にはヘッジ付きの海外借り入れ資金を、資本規制の対象から除外したところであり、新たな進展ですね。

タイファンドに投資しているので、よかったです。今後もしっかり海外の投資家への配慮を続けてほしいものです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070224-00000495-reu-int
posted by 管理人 at 22:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

2/20 本日のタイSET株式指数・運用状況

タイファンドに関連する指数です。

2/20のタイSET株式指数は690.67(+5.29)でした。

2/14のフィリップ-アイザワトラスト タイファンドは104.47ドルです。

思いのほか下がりませんね。
posted by 管理人 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

タイでテロ

我がタイの投資信託にも影響しそうな事件がまたもや起きてしまいました。

タイ最南部4県(分離独立を求めるイスラム過激派のテロが多発している地域ですね)、爆破や放火、銃撃が連続50件以上発生してしまったようです。2006年の9月のクーデター以降で、一度のテロとしては最多の犠牲者を出してしまったとのこと。

ここの所落ち着いていた感がありましたが、まだまだ不安定ですね。これが落ち着けば、割安に放置されているタイの株式市場も活性化して、我がタイの投資信託にも好影響なんでしょうが・・・。落ち着くのを待つしかないですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070219-00000011-yom-int
posted by 管理人 at 00:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

タイの経済成長状況

タイでは、1985年から1995年にかけての10年間、年間平均9%もの経済成長率を記録しました。その後、1997年に始まったアジア通貨危機により経済は停滞。これによってタイは1ドル/25バーツに固定していた固定相場制を廃止。1998年1月には1ドル/56バーツにまで値下がり、経済規模は10.2%も悪化しました。これにより、タイの財閥の同族支配廃止や、外国資本の参入につながりました。1999年には経済成長率は再び4%台を記録し、2003年には6%台を記録しました。その後も経済成長は続いています。近年に於いては上流階級よりも中流階級の経済活動の方が活発になっているようです。
posted by 管理人 at 12:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイの教育レベル

タイ政府は「貧困の撲滅」に力を入れています。これは、タイ政府がタイにおける違法産業(麻薬の栽培や売春など)の原因が国民全体の貧富の差が激しいためと考えており、その解決策として教育問題を真剣に考えているからです。1970年代初め頃から教育改善が進められ、現在では、タイの識字率は95%を超えています。これは日本やシンガポールなどと並び世界でもトップクラスの高さとなっています。
posted by 管理人 at 12:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイ、投資信託などへの外資投資規制を緩和?

ロイターで、下記のような記事が出ていました。

----------
タイ中銀、投資信託などへの外資投資規制を緩和か
 タイ中央銀行は、資本規制を一部緩和する可能性がある。タイの投資信託や債券に対する外資の投資について、完全にヘッジされている場合は規制の適用が免除されるという。

 民間団体アセッツ・マネジメント・ファンズ・アソシエーションを率いるマリス・タラブ氏が13日、同中銀での会合後に記者団に述べた。

 現在は、外資が投資信託などの商品に投資する場合は、バーツ購入の際に資金の30%を中銀に保管する必要がある。同氏によると、今後1年に関してヘッジされていれば、規制適用が免除される可能性がある。
----------

これは、タイへの投資信託(タイファンド)で投資しようと考えている私たちにも朗報ではないでしょうか。

posted by 管理人 at 11:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイの経済状況

タイのGDP(MER)は1,745億ドル、世界第34位の規模であり(2005年現在)、GDP(PPP)は4,757億ドル、世界第19位の規模となります(2003年現在)。1人当りGDP(PPP)は7,400ドルとなります(2003年現在)。

タイは1967年に東南アジア諸国連合 (ASEAN) に加盟、1989年にアジア太平洋経済協力会議 (APEC) に加盟しています。日本や欧米諸国の大企業の進出を背景にした高度経済成長をしています。特に日本の自動車メーカーによる投資の増加が顕著で、タイは「アジアのデトロイト」と呼ばれています。

記憶に新しいですが、1997年に始まったアジア通貨危機により経済は一時的に停滞しました。しかし、その後対経済は急激な回復を見せ、現在でも高い経済成長率を維持しています。タイは、電力、水道、空港、港湾等のインフラストラクチャーが、周辺のアセアン諸国と比較して良く整備されているため、 海外からのタイへの直接投資額も増加傾向にあります。

これらのことから、タイへの投資は魅力的であると考えられます。タイへの投資は、情報の少ない現在においては、タイの株式を直接タイに口座を開いて買うのはリスクが高くなります。プロにおまかせできるタイ投資信託(タイファンド)による投資のほうがいいように考えていますが、いかがでしょうか。
posted by 管理人 at 11:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイの民族・宗教

タイの民族構成は、タイ族が大半で約75%、華人が約14%で、その他にマレー系、インド系、モン族、カレン族などの民族となります。タイ族と他民族との混血化が進み、特に華人との混血が多いようです。タイにおいて華人を自称する人は700万人いるとされており、中国人の血統を引いていても、自ら華人と自称しない人の数はそれを遙かにしのぐといわれています。また、中国系の民族が経済・政治面において大きなリーダーシップを握っています。

深南部三県の一部のマレー系住民がパタニ王国の復興を大義名分にして、テロ活動を行う動きが出ているようです。

宗教については、仏教(南方上座部仏教)が大半で95%、イスラム教が4%、その他キリスト教、ヒンドゥー教、シーク教、道教などとなっています。深南部三県のマレー系住民に関してはほぼすべてがイスラム教徒です。
posted by 管理人 at 11:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイの基本情報

タイの公式の英語表記は『The Kingdom of Thailand』、略して『Thailand』となります。また、日本語表記では『タイ王国』、略して『タイ』となります。

以下、基本情報を列記します。

●公用語:タイ語
●首都:バンコク
●最大の都市:バンコク
●人口:64,865,523人(2004年)(世界第19位)
●人口密度:126人/km²
●総面積:514,000km²(世界第49位)
●通貨:バーツ(THB)

比較的大きな国ですね。

立憲君主制の国ですが、タイ国王の権限にはさまざまな制限が加えられています。しかし、その国の象徴としての位置は確固たるもので、国民の信頼は大きいようです。実際の国政の最高責任者は日本と同じく首相となります。

また、タイの国会は上下二院制の議会制民主主義をとっています。国会は500議席からなるサパープーテーンラーサドーンと呼ばれる人民代表院(下院議員とも呼ばれる)と200議席からなるウッティサパーとよばれる上院議員からなり、ともに民選となっています。首相は人民代表院から選出されるかたちとなります。
posted by 管理人 at 11:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

タイの株式市場

タイの株式市場はPER8倍台と割安です。政情不安が言われていますが、長い目で見れば、おそらく発展していく国でしょう。そんなタイへの投資方法を検討していきます。
posted by 管理人 at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

本日のタイファンド・SET株式指数 運用状況 2007/10/5

タイファンドに関連する指数です。

9/14のタイSET株式指数は852.33(+3.38)でした。

10/3時点のフィリップ-アイザワトラスト タイファンドは128.19ドルです。


*各指標は確認して記載していますが、投資されるときは各自で信用できる情報を確認してください。
posted by 管理人 at 22:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

本日のタイファンド・SET株式指数 運用状況 2007/9/14

タイファンドに関連する指数です。

9/14のタイSET株式指数は811.95(+4.85)でした。

9/12時点のフィリップ-アイザワトラスト タイファンドは120.61ドルです。


*各指標は確認して記載していますが、投資されるときは各自で信用できる情報を確認してください。
posted by 管理人 at 00:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

本日のタイファンド・SET株式指数 運用状況 2007/8/24

タイファンドに関連する指数です。

8/24のタイSET株式指数は790.72(-0.78)でした。

8/22時点のフィリップ-アイザワトラスト タイファンドは120.57ドルです。


*各指標は確認して記載していますが、投資されるときは各自で信用できる情報を確認してください。
posted by 管理人 at 23:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

本日のタイファンド・SET株式指数 運用状況 2007/8/6

タイファンドに関連する指数です。

8/6のタイSET株式指数は815.87(-21.86)でした。

8/2時点のフィリップ-アイザワトラスト タイファンドは128.32ドルです。


*各指標は確認して記載していますが、投資されるときは各自で信用できる情報を確認してください。
posted by 管理人 at 22:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

本日のタイファンド・SET株式指数 運用状況 2007/7/27

タイファンドに関連する指数です。

7/27のタイSET株式指数は863.58(-20.58)でした。

7/25時点のフィリップ-アイザワトラスト タイファンドは135.65ドルです。


*各指標は確認して記載していますが、投資されるときは各自で信用できる情報を確認してください。
posted by 管理人 at 14:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

本日のタイファンド・SET株式指数 運用状況 2007/7/13

タイファンドに関連する指数です。
好調です。

7/13のタイSET株式指数は859.14(+15.27)でした。

7/11時点のフィリップ-アイザワトラスト タイファンドは133.27ドルです。


*各指標は確認して記載していますが、投資されるときは各自で信用できる情報を確認してください。
posted by 管理人 at 21:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

本日のタイファンド・SET株式指数 運用状況 2007/7/5

タイファンドに関連する指数です。
好調です。

7/5のタイSET株式指数は823.93(-1.52)でした。

7/3時点のフィリップ-アイザワトラスト タイファンドは126.52ドルです。


*各指標は確認して記載していますが、投資されるときは各自で信用できる情報を確認してください。
posted by 管理人 at 22:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。